読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生落とし穴だらけ

落とし穴という名の沼にずぶずぶと落ちていく・・・油断禁物。中川翔子さんが10年好きです。V6と上山竜治くんと種村有菜先生とポケモンとサンリオを人生かけて応援したいです。あと漫画とアニメとバンドもたしなみます。落とし穴が多くて大変!

エドウィン・ドルードの謎

やる気があるときにブログをたくさん書こうの回。

 

www.tohostage.com

 

大阪サンケイホールブリーゼに5/1大阪千秋楽にみにいってきました。(だいぶ過去)

これを観に行ったのは平野綾ちゃんが気になっていたのと(ほぼ毎日インスタで「今日は犯人でした!」とか「カップルありがとうございます!」とか書いてて気になってたの)、東京で好評そうだったのと、翔子ちゃんが観に行ってたからというなんともな理由なんですけど、ブラメリもあるし2016年は舞台の年にしよーと思って見に行きました。まさかその後ブラメリが終わった後にもチケットとるようになるなんてこの頃は思ってなかったな!

ただギリギリでチケットを取ったせいか、席は2階の後ろのほう。2階席だけどサンケイホールは縦に長くてほぼ3階くらいの高さでした。

正直キャストの顔は裸眼では全然見えなかったけど、あーやの歌声は美しいわキャストのみなさんは笑わせてくるわでとっても楽しいミュージカルでした。普通に声だしてたくさん笑ったw

私はこの回しか行ってないのでアドリブかどうかは怪しいですけど、あーやが前日アニメのアフレコがあったみたいで、アニメ声を披露してくれたのが、もうご褒美ありがとうございます・・・的な感じで嬉しかったです。やっぱり平野綾のアニメ声はめちゃめちゃ可愛いな!!!!!!!すき!!!

 

幕間にキャストが投票してね~みたいに回ってくるのも、1階席だったらもっと楽しかっただろうなあー!2階にもきてくれたんだけどね。

 

お話としては、原作の推理小説の作者が執筆途中に亡くなってしまったため、結末は誰にもわからない。だったらみんなで選んでみんなで作ってしまおう、みたいなところまで舞台の世界で、冒頭で起きた殺人事件の犯人を探す探偵役、犯人、そして突然最後をしめるカップル役も全部、お客さんにルーレットの矢を投げさせて決めたり、投票させたり、拍手の音量で決めたりする舞台でした。

なんだろう、全然に型にはまってなさすぎて観てない人に全く上手く伝えられてる気がしないんだけど、演じてる途中に「そこ、もうちょっとちゃんとやって!」とかっていきなりやじが飛んできたり人が出てきたりするので、「途中までは原作演じる舞台を作ってるよ、その後は自由にやるよ」というカンパニー自体をステージ上で見せられるかんじです。(わかる?笑

この回は探偵があーやのローザ、犯人がネヴィル(ご両親やおばあちゃん?が来てらっしゃったみたいで盛り上がってたw)、そしてカップルはネヴィルとパッファーでした。どうやらこの組み合わせは初めてみたいではじまるまでまごまごしてて面白かったw

なにより演者さんたちがみーんな仲良さそうで楽しそうで舞台って良いなー!ってすっごく思いました。しかしさっきも書いたけどどこからが台本でどこからがアドリブなのか非常にわかりにくい内容www初心者には難しいよwww

こういうもんなの?って思ったけど、今となったら違うと分かる笑

 

観てから時間がたってしまったので感想というかなんというか・・・という内容になってしまったけどとても楽しかったです。

再演とかあったら今度は1階席とかもう少しステージに近いお席で見たい舞台でした!